タグ別アーカイブ: 院内託児所

fukkusyoku

育児明けの復職なら、託児施設ありの病院がおすすめ

fukkusyoku看護職はとてもやりがいがあり、
一度休職をしても再び復職して看護師として活躍したい
という方も多いですよね。

 

でも、実際に復職するためには、
問題があると感じている人もいます。

 

 

とくに小さな子供がいるママ看護師が、
育児の為に休職していた。
というケースでは、子どもの預け先がない。

 

ということが壁になっていることがあります。

 

 

このような場合には、
託児施設がある病院を選んで
復職を検討することがおすすめです。

 

託児施設がある病院というのは、
前提として育児を行っている看護師の受入れ体制があります。

 

 

育児のために休職をしていたブランク看護師の受け入れ態勢も、
しっかりとしているところが多いことが多いんですよ。

 

子育てをしながら仕事をしてくれる。
という看護師に対しての配慮がある。
というのもこの託児施設がある病院の特徴的なところでもあります。

 

 

短時間勤務や、非常勤勤務などの勤体制でも、
働くことが出来るという場合も多いんですよ。

 

このような短時間や非常勤勤務は、
一度看護職を離職した人にとっては、
仕事の感を取り戻すためや、体力面などを考えた時にはとても嬉しいことですよね。

 

 

せっかく取得した看護師という資格を有効に使うためにも、
託児施設を持つ病院で、働きやすいスタイルで働く
ということは良いですよね。

ake

育児のための休職からの復帰で選びたい病院は?

 

akeだいたい18歳くらい~22歳くらいの間で
看護師の免許を取得して
看護師となる人が多いですよね。

 

 

若いころはまだ独身で、
看護師としてがむしゃらに働いていた。

 

という方も、結婚や妊娠、出産などによって
看護職を離れる方は多くいます。

 

 

家庭や育児が一段落すると、
また看護師として働くことを考えよう。

 

と思っていても、実際には子供が預けられないから働けない。
という壁に突き当たってしまうことがあります。

 

 

保育園に入れて日勤の仕事を探そうと思っても、
保育園自体の空がない。

 

保育園に入れられたけど、
残業が多くお迎え時間に間に合わない。

 

夜勤を頼まれて困った。
こんな方も実際にはいますよね。

 

 

このような事を避けるためには、
院内託児所がある病院を選んで復職をする。

 

ということがおすすめです。
院内託児所は勤務に応じて子供を預けることが出来ますし、
残業や夜勤でも預けることが出来る施設も数多くあります。

 

 

子どもが体調を崩してしまった場合などにも、
すぐに駆けつけることが出来ますよね。

 

ただ、やはり託児所がある病院は人気も高く、
なかなか採用されない可能性もあります。

 

 

仮に採用されたとしても、
休職中のブランクが気になるという方もいますよね。

 

育児のための休職後には、
託児施設があるだけではなく、
研修制度も整った病院を選ぶようにするといいですよね。