ljfbrbb

子育て看護師の転職に欠かせない託児所事情

託児所は転職条件の一つ

ljfbrbb
結婚や妊娠を機会に続けていた看護師の仕事を
辞めてしまう人は多くいます。

しかし出産して子育てをしていくうちにまた仕事をしたい
と考えている人も多くいます。

 

ただそこで問題なのは子供をどう預けるかです。
親がある程度面倒みてくれる人はいいですし、
保育園に親以外で誰かが迎えに来てくれる人もいいですが、

看護師の仕事は病院によっては夜勤の勤務もあり、
お願いできる人がいなければ
なかなか預けられない場合もあります。

 

そこで病院では託児所を病院の横や
病院専用のマンションの一角などに併設している所もあり、

小さなお子さんを持ち転職を考えている人は、
これを条件のひとつとして転職先を探す人もいます。

 
 
 

個人クリニックでも託児所はある?

特に入院患者を多く抱える総合病院では
併設している所が多くあります。

働く人にとっても子供が近くにいると思うと
安心して働くことができますし、
時間を気にしなくてもよいです。

 

もしも子供が急に体調が悪くなっても
すぐにかけつけることができ大変便利です。

このように託児所がある病院は
一部の個人クリニックでもあります。

 

保育施設があることで、わざわざ保育園への
送り迎えの手間がくなるので、働く親にとっても
終わってからすぐに迎えにいけるのは
大変便利なことであります。

 
 
 

病院によって異なる施設

ewdkroh
看護師が結婚をして子どもを出産すると
辞める人が多いのが現状です。

しかし、最近の病院では子供が生まれても、
勤めができるように託児所を設けている
病院が増えてきました。

 

しかし、小さな診療所やクリニックはまだ少なく、
大学病院や大きな病院でなければ、このような
福利厚生を整えていないのが実情です。

また、託児所とはいってもさまざまで、
転職にあたっては施設の内容を良く調べなければ、
再度転職ということにもなりかねません
ので
注意が必要です。

 
 
 

可能であれば事前チェックは必ず!

施設には病院外と院内がありますので、
子どもの送り迎えや熱が出ている時などは
勤務中でも様子をうかがいにいける
院内の施設を選ぶべきでしょう。

また、夜勤がありますので、
施設が24時間預かってもらえるところが安心です。

 

子どもを預けたが、同じくらいの年代の子供たちと
仲良くやっていけるかも心配の種になります。

経営上の問題もありますので、保育士が
非常勤やアルバイトでは、預けるたびに
人が変わるようでは子どもも懐きません。

 

やはり、慣れた保育士を常勤で
働いているところを選ぶことです。

そうして、
実際に施設の現場を見ることが大切です。

 

求人には施設ありと記載されていても、
事前にスペースや遊びの道具の管理なども
チェックできればした方が良い
でしょう。