tukawanai

託児所があっても使わない看護師もいるの?

tukawanai看護師は女性が多い職業ですよね。
そのため、ライフスタイルの変化によって
離職をする人はとても多くなっています。

 

出産や育児のために離職をした看護師の中には、
働きたくても子供が預けられない、
という理由で休職中の女性の多いようです。

 

 

そのため、医療機関では託児所を設け、
看護師が安心して働くことがが出来るようにしている。
というところも多くあります。

 

実際に育児をしながら看護師の仕事をしている。
という人の中には、病院が提供している託児施設を利用している。
という人は多くいます。

 

 

それでも、育児を理由に休職をしている看護師は多く、
さらにその他の理由で休職をしている人を含めると、
看護職の資格を持っている人の約3割が、休職状態にあると言われています。

 

 

現在、看護師として働くことが出来る有資格者の数というのは、
約150万人と決して少ない数字ではないようです。

 

でも、実際の看護の現場では人材不足が叫ばれており、
少数の看護師が過酷な勤務条件で働いている実態があります。

 

 

給料は良くても仕事がキツイ。
働こうにも子どもが預けられない。
院内託児があっても、条件が合わず働けない。

 

施設自体が充実しておらず、
子どもを預けることに不安がある。
という声もあります。

 

 

医療機関では、このような声を反映して、
質の良い託児を実施する託児所の設置などを行い、
育児中の看護師の復職を積極的に進めている。

 

という現状もあるんですよ。