月別アーカイブ: 2015年4月

ryouritu

育児と仕事の両立はできるもの?

ryouritu人生を歩んでいると、
ターニングポイントとなるべき
さまざまなイベントがあります。

 

結婚や出産、育児といったものは、
ライフスタイルも変化する
大きなターニングポイントですよね。

 

 

看護師として働く女性にとって、
育児が落ち着いたら働きたい。
と考える人は多いですよね。

 

でも、いざ預け先を検討した場合、
公立の保育園は定員がいっぱい、
無認可の保育園に預けると、月に6万円オーバーの保育料。

 

 

これが年間にすると、80万円以上かかるという計算になってしまいますし、
残業でお迎えが遅くなれば、
延長保育料もかかります。驚くような金額ですよね。

 

でも、託児所がある病院の場合、
実は月々1万円前後というかなりの低価格で子供を預けることが出来、
さらに延長保育料なども不要というところは多くなります。

 

 

金銭面だけを見ても、かなり差がありますよね。

 

 

一般的な保育所は、
体調が悪い子供の保育は行ってもらうことが出来ません。

 

多くの子どもたちがいる保育所では、
感染症対策は重要で、
この点は致し方ないですよね。

 

 

でも、子どもの体調によって
勤務を休むわけにはいかないという事情を考えると、
困ってしまいますよね。

 

その点、院内託児所の場合には、
病院によっては病児保育の実施もあり、
体調が悪い場合でも預けることが出来るケースもあります。

 

 

託児施設がある病院の場合、
育児に対する理解があり、
配慮をしてくれる職場も多くなっています。

 

夜勤免除や時短勤務など、
子育てと仕事の両立を行いやすい
環境づくりをしてくれる所が多いんですよ。

 

 

もし、育児と仕事の両立が難しいので復職は無理。
と思っている方は、
一度託児所ありの病院で働くことを考えてみてくださいね。

takai

託児料金ってこんなに高いの!?院内託児所ってこんなにいいの?!

takai託児施設って、
意外に子どもを預けようとすると高額になる。
そう思う人は多いですよね。

 

託児施設も運営して行くためには、
施設費、人件費、経費など、さまざまな費用が必要ですし、
よりよい託児をしようと思えば高くなってしまいます。

 

 

でも、医療現場に付属している託児施設や、
病院内にある託児施設を利用した場合、
驚くほど低価格の料金で託児施設を利用することが出来るケースが多くなります。

 

仕事に行くたびに、一日数千円の託児施設費用を支払うと、
一日の負担は数千円だとしても、
一ヶ月に換算すると数万円になってしまいます。

 

 

それに対して、院内託児では、一ヶ月一万円以内。
というケースもあるんですよ。

 

 

病院自体には託児施設がないものの、
提携する託児所を利用することが出来るという病院も増えています。

 

日勤のみのクリニックなどの場合には、
託児所の運営時間を超えるような残業がないケースも多く
あまり問題がない可能性があります。

 

 

でも、病棟勤務などで夜勤がある、残業が多いなどのケースでは、
このような提携託児所では、お迎えに間に合わないケースが合ったり、
夜勤の時には別の託児所を探す必要なあるなどの
不便さが出てくることがありますので気を付けましょう。

 

仕事のために子どもを犠牲にすることは絶対に避ける必要がありますので、
まずは子どもをしっかりと預けられる環境を整えてから、
仕事をすることが優先されるべきですよね。

api-ru

面接でのアピール、志望動機に託児施設を出すのはNG

 

api-ru子どもがいる看護師にとって、
託児施設がある病院を再就職先として選びたい。

 

と思う気持ちは同じで、
このような求人案件はとても人気があります。

 

 

そのため求人が出ると
応募が殺到するということも考えられますよね。

 

だいたい同じくらいの子どもがいるという看護師は、
同年代ということも多いので、臨床経験だけをアピールポイントとすると、
あまり特徴が感じられないと求人側は思ってしまいます。

 

 

そこで、ぜひ別のアピールポイントを
考えておくことが必要です。

 

ブランクがある看護師の場合、
復職研修を受けたということも、
アピールポイントとしては高いですよね。

 

 

復職に向けてかなり前向きという点が高評価です。

 

看護師免許以外にも、
何かその病院にとって有利になる資格取得を目指している。
ということがあれば、それをアピールするのもいいですよね。

 

 

面接などでは、
どうしてこの病院を選んだのかという
志望動機を聞かれることがあります。

 

この時に、病院の理念や目標にすることがある。

 

というような具体的な志望動機ではなく、
この病院には託児施設があるから。
という点を挙げてしまうのは得策ではありません。

 

 

託児施設にだけ注目していると思われてしまいます。
業務上のことを中心に話を進めるようにしましょう。

 

あくまでも、病院側は看護師としてのあなたの採用を考えているのであり、
託児施設の面接をしているわけではないのですから。

fukkusyoku

育児明けの復職なら、託児施設ありの病院がおすすめ

fukkusyoku看護職はとてもやりがいがあり、
一度休職をしても再び復職して看護師として活躍したい
という方も多いですよね。

 

でも、実際に復職するためには、
問題があると感じている人もいます。

 

 

とくに小さな子供がいるママ看護師が、
育児の為に休職していた。
というケースでは、子どもの預け先がない。

 

ということが壁になっていることがあります。

 

 

このような場合には、
託児施設がある病院を選んで
復職を検討することがおすすめです。

 

託児施設がある病院というのは、
前提として育児を行っている看護師の受入れ体制があります。

 

 

育児のために休職をしていたブランク看護師の受け入れ態勢も、
しっかりとしているところが多いことが多いんですよ。

 

子育てをしながら仕事をしてくれる。
という看護師に対しての配慮がある。
というのもこの託児施設がある病院の特徴的なところでもあります。

 

 

短時間勤務や、非常勤勤務などの勤体制でも、
働くことが出来るという場合も多いんですよ。

 

このような短時間や非常勤勤務は、
一度看護職を離職した人にとっては、
仕事の感を取り戻すためや、体力面などを考えた時にはとても嬉しいことですよね。

 

 

せっかく取得した看護師という資格を有効に使うためにも、
託児施設を持つ病院で、働きやすいスタイルで働く
ということは良いですよね。

ake

育児のための休職からの復帰で選びたい病院は?

 

akeだいたい18歳くらい~22歳くらいの間で
看護師の免許を取得して
看護師となる人が多いですよね。

 

 

若いころはまだ独身で、
看護師としてがむしゃらに働いていた。

 

という方も、結婚や妊娠、出産などによって
看護職を離れる方は多くいます。

 

 

家庭や育児が一段落すると、
また看護師として働くことを考えよう。

 

と思っていても、実際には子供が預けられないから働けない。
という壁に突き当たってしまうことがあります。

 

 

保育園に入れて日勤の仕事を探そうと思っても、
保育園自体の空がない。

 

保育園に入れられたけど、
残業が多くお迎え時間に間に合わない。

 

夜勤を頼まれて困った。
こんな方も実際にはいますよね。

 

 

このような事を避けるためには、
院内託児所がある病院を選んで復職をする。

 

ということがおすすめです。
院内託児所は勤務に応じて子供を預けることが出来ますし、
残業や夜勤でも預けることが出来る施設も数多くあります。

 

 

子どもが体調を崩してしまった場合などにも、
すぐに駆けつけることが出来ますよね。

 

ただ、やはり託児所がある病院は人気も高く、
なかなか採用されない可能性もあります。

 

 

仮に採用されたとしても、
休職中のブランクが気になるという方もいますよね。

 

育児のための休職後には、
託児施設があるだけではなく、
研修制度も整った病院を選ぶようにするといいですよね。

meritto

院内託児所のメリットはどんなこと?

 

meritto院内に託児施設がる病院に勤務するママナースには、
院内託児所だからこそのメリットがあるから、
そこに勤務している。という方も多くいます。

 

では、実際に院内託児所のメリットというのは、
どのようなものなのでしょうか。

 

 

まずは通勤時に余計な手間がいらないという点です。

 

外部の託児所の場合には、子どもを預け、
そして出勤、帰路にも子どもを迎えに行く必要がありますが、
院内託児所は自宅からそのまま子どもと共に出勤し
、仕事の前に託児施設に預けるだけで済んでしまいます。

 

 

余裕をもって仕事の準備をすることが出来ますし、
仕事中も近くに子どもがいるという
安心感を持つことが出来ますよね。

 

残業があったとしても、
院内託児所なら柔軟に対応してもらうこともできます。

 

 

子どもにとっても、
ママが近くにいる安心感はとても強いものですよね。

 

 

退勤時もわざわざ外部の託児施設にお迎えに行く必要はなく、
仕事の後託児施設に迎えに行って一緒に帰ることが出来ます。

 

自宅に帰る途中にも、
子どもと会話をする余裕も生まれますし、
帰宅後には一緒に食事の支度などをすることもできるのではないでしょうか。

 

 

一般的な託児施設を利用するより
安価で利用することが出来るのもメリットです。

 

ただ、すべての病院が同じように
託児所を利用することが出来るわけではありませんので、
託児所を利用する為の条件などはしっかりとチェックすることが大切ですね。

wake

院内託児所がある病院に求職者が殺到する訳とは?

wake新聞広告として入ってくる求人の中には、
看護師を募集しているというものも多くみられます。

 

その多くに、院内託児所がある、
提携している託児施設があることが多いですよね。

 

 

実は、育児離職による看護職の
復帰を目指している厚生労働省の指針で、
医療機関は率先して託児施設の設置を進めている状況です。

 

都市部の病院やクリニックでは、
病院内に充実した託児施設、
保育施設を設置するところも増えてきてはいますが、
あくまでもこれは都市部にとどまっているというのが現状です。

 

 

地域によってはまだまだ
託児施設の設置が間に合っていないケースがあります。

 

実際的に病院経営自体が難しい状態で、
さらに託児施設の設置まではできない。
というところもありますよね。

 

 

このような地域では、子どもを持つ看護師が、
託児施設がある病院に就職を希望する人が殺到する。
ということが起こります。

 

 

病院の周囲や自治体などでも保育園などが設置されていても、
病院の託児施設を使いたい。
というのには理由があります。

 

病院んで設置する託児施設は、
福利厚生の一環として設置するケースが多いため、
費用負担がとても安く済んでしまいます。

 

 

1万円程度の負担で
自分が出勤する時間帯であれば
預けることが出来るんです。

 

夜勤の場合でも、
預けることが出来るという託児施設も多く、
人気になっています。

 

 

ただ、託児施設があっても預けることが出来ない場合もあります。

 

定員がいっぱいになってしまっている、
配偶者が養育が出来る状態にある、
年齢条件に掛かってしまうなど、
託児施設を目当てに就職をしたのに、預けられない可能性もあるんですよ。

tukawanai

託児所があっても使わない看護師もいるの?

tukawanai看護師は女性が多い職業ですよね。
そのため、ライフスタイルの変化によって
離職をする人はとても多くなっています。

 

出産や育児のために離職をした看護師の中には、
働きたくても子供が預けられない、
という理由で休職中の女性の多いようです。

 

 

そのため、医療機関では託児所を設け、
看護師が安心して働くことがが出来るようにしている。
というところも多くあります。

 

実際に育児をしながら看護師の仕事をしている。
という人の中には、病院が提供している託児施設を利用している。
という人は多くいます。

 

 

それでも、育児を理由に休職をしている看護師は多く、
さらにその他の理由で休職をしている人を含めると、
看護職の資格を持っている人の約3割が、休職状態にあると言われています。

 

 

現在、看護師として働くことが出来る有資格者の数というのは、
約150万人と決して少ない数字ではないようです。

 

でも、実際の看護の現場では人材不足が叫ばれており、
少数の看護師が過酷な勤務条件で働いている実態があります。

 

 

給料は良くても仕事がキツイ。
働こうにも子どもが預けられない。
院内託児があっても、条件が合わず働けない。

 

施設自体が充実しておらず、
子どもを預けることに不安がある。
という声もあります。

 

 

医療機関では、このような声を反映して、
質の良い託児を実施する託児所の設置などを行い、
育児中の看護師の復職を積極的に進めている。

 

という現状もあるんですよ。