カテゴリー別アーカイブ: 子育てママ

ryouritu

育児と仕事の両立はできるもの?

ryouritu人生を歩んでいると、
ターニングポイントとなるべき
さまざまなイベントがあります。

 

結婚や出産、育児といったものは、
ライフスタイルも変化する
大きなターニングポイントですよね。

 

 

看護師として働く女性にとって、
育児が落ち着いたら働きたい。
と考える人は多いですよね。

 

でも、いざ預け先を検討した場合、
公立の保育園は定員がいっぱい、
無認可の保育園に預けると、月に6万円オーバーの保育料。

 

 

これが年間にすると、80万円以上かかるという計算になってしまいますし、
残業でお迎えが遅くなれば、
延長保育料もかかります。驚くような金額ですよね。

 

でも、託児所がある病院の場合、
実は月々1万円前後というかなりの低価格で子供を預けることが出来、
さらに延長保育料なども不要というところは多くなります。

 

 

金銭面だけを見ても、かなり差がありますよね。

 

 

一般的な保育所は、
体調が悪い子供の保育は行ってもらうことが出来ません。

 

多くの子どもたちがいる保育所では、
感染症対策は重要で、
この点は致し方ないですよね。

 

 

でも、子どもの体調によって
勤務を休むわけにはいかないという事情を考えると、
困ってしまいますよね。

 

その点、院内託児所の場合には、
病院によっては病児保育の実施もあり、
体調が悪い場合でも預けることが出来るケースもあります。

 

 

託児施設がある病院の場合、
育児に対する理解があり、
配慮をしてくれる職場も多くなっています。

 

夜勤免除や時短勤務など、
子育てと仕事の両立を行いやすい
環境づくりをしてくれる所が多いんですよ。

 

 

もし、育児と仕事の両立が難しいので復職は無理。
と思っている方は、
一度託児所ありの病院で働くことを考えてみてくださいね。

fukkusyoku

育児明けの復職なら、託児施設ありの病院がおすすめ

fukkusyoku看護職はとてもやりがいがあり、
一度休職をしても再び復職して看護師として活躍したい
という方も多いですよね。

 

でも、実際に復職するためには、
問題があると感じている人もいます。

 

 

とくに小さな子供がいるママ看護師が、
育児の為に休職していた。
というケースでは、子どもの預け先がない。

 

ということが壁になっていることがあります。

 

 

このような場合には、
託児施設がある病院を選んで
復職を検討することがおすすめです。

 

託児施設がある病院というのは、
前提として育児を行っている看護師の受入れ体制があります。

 

 

育児のために休職をしていたブランク看護師の受け入れ態勢も、
しっかりとしているところが多いことが多いんですよ。

 

子育てをしながら仕事をしてくれる。
という看護師に対しての配慮がある。
というのもこの託児施設がある病院の特徴的なところでもあります。

 

 

短時間勤務や、非常勤勤務などの勤体制でも、
働くことが出来るという場合も多いんですよ。

 

このような短時間や非常勤勤務は、
一度看護職を離職した人にとっては、
仕事の感を取り戻すためや、体力面などを考えた時にはとても嬉しいことですよね。

 

 

せっかく取得した看護師という資格を有効に使うためにも、
託児施設を持つ病院で、働きやすいスタイルで働く
ということは良いですよね。